大妻女子大学 家政学部 ライフデザイン学科

生物環境保全学ゼミ

学びの概要

私たちの豊かな暮らしは、衣食住から文化・芸術に至るまで、生物や自然がもたらす無数の恵みによって支えられています。

しかし、そうした自然の恩恵は、自然搾取型の社会経済活動や環境に無配慮な生活様式によって急速に失われつつあります。また、それによって人(とくに都市生活者)と自然との関係はますます希薄になり、心身の健康や生活充足感、人格形成などに負の影響を与えています。

このゼミでは、自然がもたらす豊かさについて生活者の視点から学び、自然と共存する暮らしの実現に向けた課題やその解決策について考えます。

この学びを通じて、豊かな暮らしと自然との関わりについて理解を深めるのはもちろんのこと、学びの過程で社会人として具えるべき計画力、思考力、対話力、遂行力などを養うことを目指します。


3年次の内容 前期は、自然がもたらす豊かさにについて、グループで入門書や文献の講読・発表に取り組みます。デスクワークだけでなく、校外でのフィールドワークも行う予定です(下記「フィールドワーク」も参照のこと)。後期は、自然環境、生活環境、生物保全、動物福祉、食文化などについて、各自が自らの興味関心を掘り下げる形で文献調査・報告を行います。

4年次の内容 3年次の学びをもとに、自ら設定する研究テーマで卒業研究を行い、卒業レポートを作成します。卒業レポートでは、文献調査やフィールド調査の結果をまとめます。この卒業レポートの内容に加えて、研究の問いと調査結果の考察が十分になされた卒業研究は、学科教員による審査を経て卒業論文として認められ、「卒業論文・制作」(選択科目、履修登録が必要)の6単位を修得することができます。

卒業論文のタイトルはこちら👉卒業論文

ゼミのメンバー・OGはこちら👉メンバー

ゼミの進め方・指導方針

学修段階に応じてグループまたは個人で課題に取り組みます。課題遂行のために、ある程度の授業外学修が必要になります。卒業レポートについては、全体指導と個別指導を効果的に組み合わせて指導します。この卒業レポートに向けて、2年間で少しずつ、しかし着実に学びを積み上げていくことを目指しています。

フィールドワーク

自然や環境についての学びは知識だけでは不十分です。体験を通じた学びを得るために「生物環境学演習」(3年前期2コマ連続、ゼミ生必修)の中でフィールドワークを行います(公園の植物観察、河川水質調査、博物館・水族館見学など)。例年、佐渡島にある新潟大学臨海実験所に夏季合宿に行っていますが、来年度は新型コロナウイルスの状況やゼミ生の希望により判断します。

学生への要望・ゼミ生の条件

ゼミ生には大きく以下の3つを求めます。(1)生活における自然との関わりや自然と調和した暮らし興味・関心があること。(2)自分の価値観に固執せず、新たなことや不得手なことにも積極的に取り組む意欲があること。(3)自分のみならず他者をも尊重し、協働や助け合い、対話の姿勢をもつこと。

ゼミ生選考基準・方法

選考の際は、ゼミナール配属希望申請書の内容に加えて、面接(オンラインを含む)や課題を実施し、上記ゼミ活動への理解と適性を判断します。このゼミについてより詳しく知りたい方は、事前の個別質問も歓迎しますので、気軽に相談してください。質問の内容や量に応じて、対面、オンライン、メールなどの回答手段を考えますので、まずは質問の概要を簡単にまとめ、学籍番号と名前を添えてメールで連絡してくださいアドレス:ykoseki(at)otsuma.ac.jp)

ゼミブログ

ライフデザイン学科公式ページで公開中👉ライフデザイン学科研究室ブログ